婚約指輪って高い・・・どうやって決めてるの?

婚約指輪は二人で決めよう

婚約指輪は一般的に給料の3か月分と言われていましたが、現在では高すぎるといった意見も見られます。これは男性に多いことで、女性はいまだに3か月分が当たり前と考える方がいるようです。男性からしてみればよく考えなくてもなぜ3か月分も必要なのかといった意見や、お金で愛を測られていると思う方も少なくないそうです。共働きしている夫婦が多くなった現代では男が払うのではなく二人で払う夫婦も増えて居ていますので、これも時代の流れのようです。

結婚する前にいろいろ聞いておく

現在では約4割の方が婚約指輪は男が買うものと思っているそうですが、やっぱり経済状況も人それぞれですし、プロポーズするのは大抵男性からなので買うのも男性という方も多いのは納得できますよね。結婚を考えるようになったら、それとなく指輪のことを聞いてみてください。ただし結婚したいとちらつかせるのではなく、ただの会話の話題として話を振ってみてください。相手が何でもいいよと言ってくれればいいですが、高いものを要求されたら考え直したほうがいいでしょう。

世の中にはいろんなパターンがある

世の中の夫婦の中には3か月分の給料で婚約指輪を購入し方もいればそれ以上の指輪をプレゼントした方もいます。また3か月よりやスイス琵琶の方も多くいるのです。中には結婚指輪だけでいいよと言ってくれる女性もいます。男性にとってはまさに天使のような存在ですよね。結婚は大抵の場合お互いの経済状況を知っていることになりますので、3か月分ではないにしろ気持ちがこもっていれば十分ではないでしょうか。将来売ることになるからと考えている女性はまずいませんよ。

婚約指輪を結婚相手の彼女に必ずあげることを仲人としてお勧めします。彼女との心の距離も縮まりますし、ほんとに結婚して夫婦になるんだと言う気構えもできるからです。